思い立ったら吉日Blog

東京在住の36歳独身女性が主に東京を中心にお出かけや美味しかったもの、オススメについてつらつら書いています。

都会の人の冷たさを感じた1日

tuyoki(@tuyoki_omokichi)です

今日はいい天気でしたね。

ということで、私、午前10時くらいに外出しました。

ホームに着いたら電車が来ていたので、飛び乗り、車両を移動しようと思っていたら・・・

なんと、床に女性が倒れていたんです。

そこで都会の人の冷たさを感じました。

なんか悲しかったので、ブログにしちゃいました。

f:id:tuyoki:20191026192311j:image

最初に電車に乗ったときは気がつきませんでしたが、「もう少し後ろの車両に行こうかな」と思って車内を歩き始めたときです。

女性が、床の上で倒れていました。

f:id:tuyoki:20191026192319j:image

一応、服装とかは全然違う感じにしましたが、まさにこんな感じでした。けっこうメイクは強め(KATEっぽい感じというか。)。

床の上で仰向けで倒れてました。

その光景にビックリして、思わずキョロキョロしてしまう私。

近くの椅子に座っていた男性と目が合いましたが、『めんどくせ』という表情が顔にありありと出ていました・・・。

そして、あからさまに嫌そうな感じで席を離れて、遠い席に移動したのか車両を移動したのか・・・

『え、こんな倒れてるのに、無視・・・?』

私はその男の人の背中を見届けることなく、女性を見直しました。

ほかにも、女性も座っていますが、スマホをいじっていて目にも入っていない様子。。。

『女性が倒れてるのに、スマホの方が大事なわけ・・・???』

私には信じられない光景でした。

『この車両には、私と同じようにこの女性を心配する人はいないかもしれない』

そう思って、私、勇気を出して女性に声をかけました。

「すみませーん、大丈夫ですかー?大丈夫ですかー?」

女性は目を開けません・・・。

「大丈夫ですか?」と言って、肩をゆさゆさっとしたけど、それでもピクリとも動かない・・・

ここでめっちゃ不安になりました。

メイクが濃いから分からないけど、これ、発作とかで倒れてたらどうしよう・・・。

次の駅で降りて、駅員さんを呼びに行こう。

そう決めたとき、後ろから「どうしたんですか?大丈夫ですか?」と声をかけられました。

「いえそれが、今私も乗ったばかりで、車両を移動しようと思ったら、女性が倒れていて、声をかけても、ゆさぶっても起きなくて・・・」

「え、ほ、ほんとですか・・・大丈夫かな、寝てるのかな・・・」

「分からないんですけど、とりあえず私、次の駅で降りて、駅員さん呼んできます」

「そうですね、そのほうがいいかも・・・」

それから私と声をかけてくれた女性とで、倒れている女性を見つめてましたが、倒れている女性、ぴくりともしません・・・。

 

そして、隣の駅に着いた私は、3車両分くらいを猛ダッシュして、警備員さんに手を振り、非常事態を知らせたい・・・んだけど、無常にも『電車が発車します、ご注意ください』というアナウンスが流れる・・・!!

「だ、だめーーー待ってーーー!!」と言いたいけど、ダッシュしてるので声が出ない・・・!!

とにかく手を挙げて、警備員さんに向かってダッシュ!!

『ドアが閉まります、ご注意ください』

えええええええええええ待って待って待ってーーーーー!!

あえてもう、電車が発車できないように、白線の外側、車両スレスレを走る私。

「●号車で、女性が倒れてるんですーーー!!待ってーーーー!!」

恥ずかしげもなく大声で警備員さんに伝える私!!

「え、なんですって」びっくりする警備員のおじちゃん。

そして一緒に3車両分走る!!

私、合計6車両分走る!!(笑)

そして戻るとすでにほかに人が呼んでくれたのか、警備員さんがいる!!

なんだ、近くにいたのか!!

あんなにダッシュした私( ̄▽ ̄;)!!

しかし、警備員さんでは乗客に触ってはいけないのか、近づこうとしない。

そして警備員さんも大声で、駅員さんに向かって「女性が倒れてますー!!」と叫ぶ。

駅員さんが走ってくる。

そして駅員さん、車両に入るなり、

「お客さん!!お客さん!!大丈夫ですか、お客さん!!

(駅員さん、倒れている女性をゆさゆさ揺さぶる。)

 

 

 

 

こんなところで寝られると困るんですよ!!

(女性、目を開ける。私、「あ、生きてる・・・」と安堵する。)

 

 

お客さんのせいで、今電車止まってるんですよ!!

急いでるお客さんがいるんですよ!!

お客さんのせいで迷惑なんですよ!!

寝るなら椅子の上とかで寝てくださいよ!!

それとも降りますか!?」

倒れていた女性「え~~~?おりまーす(呂律回っていない)」

 

い、言い方・・・駅員さん、言い方・・・と思ったけど、きっと駅員さんはこういうお客さんなんて日常茶飯事なんでしょうね・・・。

確かに今日は金曜明けの土曜日。

あの様子じゃ、朝6時7時まで飲んでたんじゃないかと感じるほどの状態でした。

 

とりあえず、電車を停めてしまったけど、それでも倒れてる女性の無事を確認することができて良かった・・・。

外から見て分からないけど、発作とかで倒れていたりなんかしたら・・・と思うと怖くて仕方ないです。

そして、『めんどくせ』という表情で席を移動した男性。

確かに男性だから、床に倒れてる女性に声をかけるのもはばかられると思います。

周りから変な目で見られたらどうしよう、とかね。

だけど、私にも話しかけられないように移動しなくても・・・。

それから、同性でも、倒れてる女性に目もくれずスマホしか見てなかった女性。

なんか、寂しいというか、なんでなんだろうな?って思っちゃいました。

具合悪そうな人がいたら、「大丈夫ですか?」って声かけたりするのって、そんなに恥ずかしいことかな・・・?

逆に、声かけたりする私って、変なのかな。おかしいのかなって思っちゃう。

だけど私はこれからも、具合悪そうな人をみたら声かけちゃうと思います。

だって、本当に具合悪くて、声も出せないとかだったら、誰かが助けてあげなきゃ。

それが、駅員さんを呼ぶとか、ささいなことでも。

あの女性、ちゃんとあの後帰れたのかな・・・。

酒は飲んでも飲まれるな!!

帰るまでが夜遊びだぞー!!

ではまた( ´ ▽ ` )ノ