思い立ったら吉日Blog

東京在住の36歳独身女性が主に東京を中心にお出かけや美味しかったもの、オススメについてつらつら書いています。

気高く咲いて、美しく散る!!!!埼玉県伊奈町にあるバラ園でバラを愛でて来ましたよ(*'ω'*)

おはようございますtuyoki(@tuyoki_omokichi)です

「草むらに~名も知れず~咲いている~花ならば~」

・・・自分がオンチだと気が付く前は、カラオケでよく歌ったものです(;'∀')

気高く咲いて美しく散る!!埼玉県北足立郡伊奈町にあるバラ園に行って来ました!!

ちなみに、バラの紹介は、現地にあったものを書いております(*´꒳`*)

f:id:tuyoki:20191103175932j:image

 

バラ園(埼玉県北足立郡伊奈町

〈住所〉

北足立郡伊奈町大字小針内宿732-1

〈電話〉

048-721-2111(内線2422)(伊奈町役場都市計画課公園緑地係)

〈アクセス〉

電車:JR大宮駅から埼玉新都市交通ニューシャトル内宿駅下車、徒歩10分

車:県道87号線「寿三丁目」交差点の東側十字路を北方面へ(案内看板あり)

参考URL:

バラ園(町制施行記念公園) | バラのまち埼玉県伊奈町公式ホームページ Ina Town Official Web site

 
内宿駅
f:id:tuyoki:20191103180955j:image
大宮駅から、埼玉新都市交通ニューシャトルで到着しました、内宿駅です。
大宮から24分で到着。
乗ったときは、大宮の次の駅の『鉄道博物館』行きの親子連れで溢れかえっていた車内でしたが、一気に降りていったので、大宮から座れなくても、お隣の鉄道博物館駅から20分は座れました。
駅前はこんな感じで、少し寂しい様子・・・。
 
▼バラ園到着
f:id:tuyoki:20191103181049j:image
伊奈町バラ園に到着。
春は有料らしいのですが、有料時期を過ぎると無料だそうです。
入口らしい入口もなく、「え、ここもうバラ園なの?入っていいんだよね?これ」と言いつついざ入園。
 
▼想像よりも咲いている
f:id:tuyoki:20191103181038j:image
やはりシーズンを過ぎているからでしょうか、それともこの間の台風の影響でしょうか、咲いているものの、少し寂しい感じは否めませんでした。
 

ピンク系

 
作出年:2000年
作出国:アメリ
作出者:J&P
ピンク具合が可愛い
 
▼クイーン エリザベス
f:id:tuyoki:20191103181010j:image
作出年:1954年
作出国:アメリ
作出者:ラマーツ
ピンクはピンクでもまた少し感じの違う可愛らしいピンク。
 
▼アルブレヒト デューラーローズ
f:id:tuyoki:20191103181028j:image
作出年:2002年
作出国:ドイツ
作出者:タンタウ
こちらもなんとも綺麗な色のバラ。
 
作出年:2007年
作出国:ドイツ
作出者:コルデス
熟したスモモとライチの混合。
「桃もスモモも桃のうち!!」と得意げに言ってたら、通りすがりの年長さんらしき女の子にチラ見されました・・・
 
▼バイランド
f:id:tuyoki:20191103181036j:image
作出年:2008年
作出国:ドイツ
作出者:タンタウ
これはお花が少しこぶりなんだけど、やっぱり花びらが真ん中までぎゅぎゅぎゅーってしててきれいだな~と。
 
▼ボニカ’82
f:id:tuyoki:20191103181045j:image
作出年:1982年
作出国:フランス
作出者:メイアン
中心の花びらが小さめで、外側に行くにつれて花びらが大きくなっているせいか、ほわっと咲いていて可愛かったです。
なんかちょっとカーネーションっぽい。
 
▼芳純(ほうじゅん)
f:id:tuyoki:20191103180951j:image
作出年:1981年
作出国:日本
作出者:京成バラ園芸
匂いが強いと書いてあったので、鼻炎気味の私、くんくんしてみました。THEバラって感じの匂いでけっこう好み。色もピンクで可愛いです。
 

赤系

 
▼緋扇(ひおぎ)
f:id:tuyoki:20191103181137j:image
作出年:1981年
作出国:日本
作出者:京成バラ園芸
こちらはいかにも「バラ!!」って感じの真っ赤なバラ。こういうのも素敵。
 
ジークフリート
f:id:tuyoki:20191103181104j:image
作出年:2010年
作出国:ドイツ
作出者:コルデス
お花にあんまり詳しくないのですが、バラというよりは椿みたいだなぁと思いました。
 
▼レオナルド ダ ビンチ
f:id:tuyoki:20191103181032j:image
作出年:1994年
作出国:フランス
作出者:メイアン
色がすっごく綺麗な赤色で、花びらもぎゅぎゅぎゅーーって詰まっていて綺麗!!
 
▼チンチン
f:id:tuyoki:20191103181151j:image
作出年:1978年
作出国:フランス
作出者:メイアン
フランス語で「乾杯」ですからね!!仲のいい友達とかと使うらしいです(これでアドセンスのアダルトにひっかかったらどうしよう・・・)。
けっこう明るい朱色・・・いや、赤色かな。
 
▼岳の夢
f:id:tuyoki:20191103181022j:image
作出年:2011年
作出国:ドイツ
作出者:コルデス
このバラ、すごくないですか!?花びらの内側はすごく赤いのに、花びらの後ろが白いんですよ~。まじまじ見ちゃいました。
 
▼クリスチャン ディオール
f:id:tuyoki:20191103181014j:image
作出年:1958年
作出国:フランス
作出者:メイアン
一瞬見間違いかと思いましたが、合ってました。あのディオール様でした。
確かにこんなイメージですね~。真っ赤でキリっとしてる感じが。
 
 

白系

 
▼緑光(りょくこう)
f:id:tuyoki:20191103181057j:image
作出年:1991年
作出国:日本
作出者:京成バラ園芸
これも小ぶりなバラ。白いバラもなかなか綺麗。
 
 

黄色系

 
▼バニラ ボニカ
f:id:tuyoki:20191103181114j:image
作出年:2006年
作出国:フランス
作出者:メイアン
この黄色のような、クリーム色のような、優しい感じの色味が可愛い!!・・・これは白系かなぁ
 
▼ベル ロマンティカ
f:id:tuyoki:20191103181134j:image
作出年:2009年
作出国:フランス
作出者:メイアン
これも小ぶりなバラ。外側の花びらが中心の花びらを綺麗に見えるようにふわっと広がってるのが可愛いなぁ。
 

▼ゴールデン フラッシュ
f:id:tuyoki:20191103181142j:image

作出国:オランダ
作出者:インタープランツ
これも綺麗な黄色!!クリーム色っぽい柔らかい黄色もいいけど、けっこうハッキリくっきり黄色も好き。
 

皇室シリーズ

さてさてここらかは私が勝手に命名したシリーズです。

紹介文は、現地にあったものを書いてます。

雅子様は今は皇后ですが、それはまだそのままでしたね〜

▼プリンセス チチブ
f:id:tuyoki:20191103181042j:image
作出年:1971年
作出国:イギリス
作出者:ハークネス
秩父宮節子妃殿下に捧げられたバラ。
 
▼プリンセス サヤコ
f:id:tuyoki:20191103181107j:image
作出年:1980年
作出国:フランス
作出者:メイアン
1982年、フランスのミッテラン大統領来日のおり、紀宮清子内親王殿下に贈ったことに由来。
枝の刺がもうヤバイ・・・痛そうなんてもんじゃない・・・
 
▼プリンセス ミチコ
f:id:tuyoki:20191103181019j:image
作出年:1966年
作出国:イギリス
作出者:ディクソン
皇太子妃時代の美智子妃殿下に捧げられたもの。
最盛期だったら、パッと明るい色でハッとさせられそうだな~。
 
▼マサコ(エグランティーヌ)
f:id:tuyoki:20191103181210j:image
作出年:1994年
作出国:イギリス
作出者:オースチン
エグランティーヌという名前は、第一次世界大戦中にセーブ・ザ・チルドレンを創設した慈悲深い夫人に由来。日本では、皇太子妃雅子様を冠しています。
かなり綺麗な薄ピンク色で可憐な感じですね~。なんか、合ってるなぁ~
 
▼プリンセス アイコ
f:id:tuyoki:20191103181101j:image
作出年:2002年
作出国:日本
作出者:京成バラ園芸
敬宮愛子内親王殿下のご誕生を祝して捧げられたバラ。
こちらもピンク系のバラ。薄色だったり、少し濃い色だったりだけど、花びらの形がお綺麗。
 
▼プリンセス ミカサ
f:id:tuyoki:20191103181053j:image
作出年:1983年
作出国:日本
作出者:寺西菊雄
菊雄さんが、バラを・・・!!
そして、ミカサといえばエレン、しか思いつかない私は毒されているでしょうか・・・
けっこうはっきりした赤色で、花びらも形もよくて綺麗だったなぁ~
 

ベルサイユのバラシリーズ

行く前に、上機嫌で「バラは、バラは♪」なんて鼻歌歌っていたら本当にありました、ベルバラシリーズ!!
 
▼ベルサイユのバラ
f:id:tuyoki:20191103221729j:image
作出年:2012年
作出国:フランス
作出者:メイアン
残念、見頃は過ぎたようだ・・・
 
アンドレ グランディエ
f:id:tuyoki:20191103181002j:image
作出年:2011年
作出国:フランス
作出者:メイアン
『オスカーーー-ール!!』『アンドレーーーー!!』の、アンドレですね。
こんな黄色のイメージだろうか?
 
▼オスカル フランソワ
f:id:tuyoki:20191103221747j:image
作出年:2004年
作出国:フランス
作出者:メイアン
オスカルも、見頃は過ぎてしまったらしい・・・白いバラかな?黄色いバラかな?
 
▼王妃アントワネット
f:id:tuyoki:20191103181121j:image
作出年:(写真に写っていませんでしたごめんなさい)
作出国:フランス
作出者:メイアン
色がちょっときついので、私の個人的なイメージでは、嫁いで来た直後のアントワネットではなく、革命が近くなっているのに気がつかないころのアントワネットなイメージに感じました。
ヴァレンヌ事件で、ちゃんとフェルゼンの言うとおり、馬車でなく馬で逃亡していたら、歴史は違っていたのかなぁ(すみません、諸説あるかもしれませんが、私の乏しい記憶力を頼りにお届けしています。真面目な読者さんは、きちんとお調べください笑)。
 
▼フェルゼン伯爵
f:id:tuyoki:20191103181148j:image
作出年:2009年
作出国:フランス
作出者:メイアン
こちらがフェルゼンですね。アントワネットよりは薄めの色。
 

その他

 
 
▼フロージン’82
f:id:tuyoki:20191103181025j:image
作出年:1982年
作出国:ドイツ
作出者:タンタウ
こうして写真で見ると赤っぽく見えるのですが、実際は濃いオレンジ色でした。それでいて少し透き通るような見た目で、お花自体も大きくて存在感があったかな。
 
 

▼アシュラム
f:id:tuyoki:20191103181006j:image
作出年:1998年
作出国:ドイツ
作出者:タンタウ
う~んなんと綺麗なオレンジ色!!お花自体はそんなに大きくないんですが、綺麗なオレンジに思わず足を止めて見てしまいました。
ちょっと外側の花びらが枯れて来てるけど、綺麗だったな~
 
▼カインダ ブルー
f:id:tuyoki:20191103180945j:image
作出年:2015年
作出国:ドイツ
作出者:コルデス
けっこう新しいですよね、2015年なので4年前かぁ。お名前に『ブルー』が入っているのですが、バラの紹介文には『花色:モーブ』と書いてありました。ウィキペディア先生によると、
モーブとは薄く灰色がかった紫色で、マゼンタよりも灰色・青みが強い
とのこと。
読んでみてもよくわかんないけど、とにかく綺麗な紫色でした。
 

番外編

これは伊奈町バラ園ではないところで見つけたんですが、みなさんご存知ですか?
これ、イヌマキっていうらしいんです。
この矢印につけたところにあるのが実なんです。足元を見ると大量の実が落ちてまして、『わぁすごいな~』なんて思っていたんですが、これの仕組みが凄い!!

▼うまいことできているイヌマキの実
f:id:tuyoki:20191103223113j:image
今は熟しすぎてしまって紫色になっていますが、もう少し赤色の時があるらしいんです。この紫の時点でも食べるのかもしれないんですが、とにかくこのイヌマキ、実を鳥に食べてもらうと、自動的に緑色部分の種がポトリと地面に落ちるんだそうです!!
いや~よく考えてますわ!!
 
▼かぼちゃも普通に置いてある
f:id:tuyoki:20191103180959j:image
伊奈町、けっこう家庭菜園とかしてるご家庭があったり、そうじゃなくても畑が広がっていたり、林があったりと緑が豊富な場所でした。
虫が苦手な私は、夏は間違いなく行けないであろう場所ですね。。。
里いもとか、キャベツ、ナス、赤かぶ、みかん、柿、かぼちゃ、冬瓜、栗までありましたし、実は成ってなかったけど、梨、ぶどうなどなど、本当にたくさんの畑を見ることができました。
今日1番勉強になったのは、里いもです。大好きな里いもが、あんなふうに生っているとは想像したことがありませんでした。
 

ランチ

ところでこの日はバラ園以外にも街歩きを楽しんでおりました。途中ランチのために入ったのがこちらの『昇龍飯店』さん。

地元のお客さんがひっきりなしにやってくるお店でした。

 

▼昇龍飯店
f:id:tuyoki:20191103181158j:image
・・・まぁ本音をいうと、『どこに飲食店があるんだ、次はいつ見つかるか分からないから入っておこう!!』って言って入ったお店でしたが、これが大正解!!
 
▼レバー炒め定食
f:id:tuyoki:20191103181118j:image
この日注文したのは『レバー炒め定食』です。女性は鉄分を積極的に摂っていかないといけないな、ということも考えてオーダー。
ところでこれ、写真だとわかりにくいと思いますが、量が高校生男子がペロリとたいらげるくらいの量でした。
レバー炒めとか、本当に食べても食べても減らない感じで・・・
お米も普通盛りで、おそらく標準の大盛りくらいありました。お味噌汁もたっぷり。
ところがこのレバー炒め、レバーもたくさん入っていて、しかも美味しい。さらに、ニラ、きくらげ、にんじん、キャベツなどなど野菜も惜しげもなく入っていてボリューム満点!!
私は元々、濃い味付けが好きな方なので、おそらく標準の方なら、お味噌汁もレバー炒めも少し味付けが濃いなと感じるかもしれません。
でもこの濃い味付けのおかげで、レバー炒めをタレを絡めてオンザライス!!そしてかきこむ!!ということをやっていたら完食できました。
我ながら、よく食べられたな~。

まとめ

今日はこんな感じで、伊奈町にあるバラ園に行ってきた様子をレポートしてみちゃいました。
バラ園、第1~第3園まであるのですが、入口が第2から入ってしまいました。とくに順番とかなさそうでしたね~
けっこうフリーでみんな出入りしていたのと、イベントをやっていて、けっこう家族連れなんかも来てたり、近所のおじちゃま、おばちゃま方がいらしていたりと、憩いの場になっているようでした。
有料期間がおいくらかは分からないのですが、無料ならなかなかいいかも。
またお出かけしよう~っと。
ではまたヽ(´▽`)/