思い立ったら吉日Blog

36歳独身女性が主に東京を中心にお出かけや美味しかったもの、オススメについてつらつら書いています。

大腸内視鏡検査を受けて参りました!!

f:id:tuyoki:20200729223859j:image

先日お伝えしていた、私の人生初の『大腸内視鏡検査』をですね、受けてまいりました。
結果から先にお伝えしますと、異常なしでした!!(わーいパチパチパチ)
では何故出血があったのか・・・!?

今回も、多少お汚い内容になっておりますが、なるべく笑える内容にしていきたいと思います・・・。
6600字超えてますので、軽く読める感じになっていません!!

さらに、電車の中で見て隣の人に覗き見されたら困ること間違いなしの内容になってますので、ご注意ください‼︎
言ったからね!!

それではどうそ~~~!!

f:id:tuyoki:20200729223925j:image
f:id:tuyoki:20200729224131j:image
f:id:tuyoki:20200729223918j:image
f:id:tuyoki:20200729223929j:image

 

準備したもの

今回、初めての大腸内視鏡検査ということで、スマホで色々事前情報を調べました。
その中で『下剤のおかげで、お尻がヤバイので、次回からは赤ちゃんのお尻ふき持っていこう・・・』、『お尻に塗る軟膏もあった方が良い』という意見を拝見し、私、100円均一さんで『赤ちゃんのお尻拭き』と、ドラッグストアで『ワセリン』を購入して持参することにしました。

f:id:tuyoki:20200729230235j:image

それから、病院から検査当日に500mlのお茶かお水を持って来て、と言われたので、こちらもバッチリ用意しました。

ちなみに、お水は500ではなく1000mlでも良かった。それぐらい下剤が飲めなくて検査ができないかと思いました。

それから、持って行けばよかったな~と後悔したものは、『ジャージ』と『ipad』と『wi-fi』です。

f:id:tuyoki:20200730225312j:image

検査前、いろんなネットの情報を見ていたら『本を持って行ったけど、お腹痛すぎて本読んでる余裕なんかなかった』と読んでいたので、持って行きませんでした(あとは、鎮静剤を打つので、帰りに倒れて壊したら嫌だな、という思いもありました。)。
*これは、今回私が病院の個室を取ったから必要だったなーというだけなので、お家で下剤を作って、下剤を飲んでから病院に行って検査を受けるならいらないかと思います。

検査前々日(7月26日(日))

大腸内視鏡検査を受けるにあたっては、前日から食事制限がされます!!
私がもらった資料によれば、検査前日のオススメメニューはこんな感じ。
朝:トーストとポタージュスープ(コーン入りなどのものは避ける)
昼:うどん(具のない素うどん)
夜:おかゆや味噌汁(具なし)、冷奴(具なし)
f:id:tuyoki:20200730230105j:image
と叫ばずにいられないメニューです・・・。

私は、2020年7月25日(土)に病院の診察を受け、「すぐに検査したほうがいい」と言われ、3日後の2020年7月28日(火)に大腸内視鏡検査を受ける予定でした。
なので、検査前日は明日27日(月)から始めればいいのですが、ネットで『2~3日前からやっておいた方がいい』というのを読んで、26日(日)から検査前のようなメニューにすることにしました。

朝:普通に食事(カレー)
昼:バナナとヨーグルト
夜:トーストと牛乳

ちなみに、明日もヨーグルト、下手したら検査当日の夜もヨーグルトしか食べられないかも?と思い、久しぶりにヨーグルトメーカーで500g分ヨーグルトを作りました(笑)

検査前日(7月27日(月))

朝:トースト、ヨーグルト
昼:素うどん(お弁当箱に入れて、そうめんつゆを職場に持参)
夜:ヨーグルト3口

検査前日は、午後8時までに食事を済ませなければなりませんし、午後8時以降は飲み物もお水かお茶のみです!!
普段からあまりジュースは飲まないので、問題なしです。
ちなみに、家でお酒は飲みません。
職場の上司と月2回ほど焼肉に行くので、そのときにビールを中ジョッキで2杯くらい飲むだけです。
タバコも吸ってません(20歳くらいのときに、酔った時に試しに吸わせてもらったけど、吸い続けようとは思いませんでした。)。

午後9時、下剤(3錠)服用!!
ここで私の検査前日に任務は終了です。

今回、初めての大腸内視鏡検査でしたので、検査当日に飲む下剤は、病院で用意してもらうことにしました。私の病院の場合ですが、ベッド代として3,500円加算されました。
f:id:tuyoki:20200730225432j:image

*自分で翌朝飲む下剤を作って、朝飲んで、腸内をスッキリさせてから病院に行くというパターンもあるようです。

検査当日(7月28日(火))

前日夜9時に飲んだ下剤なのですが、病院では「夜中にちょっとお腹が下ってくるかと思います」と言われたのに、一向にその気配なくぐっすり寝てしまいました・・・が!!
午前6時過ぎくらいに、「ん?お腹がコロコロしている気がする・・・」と目が覚め、6時台に2回お通じがありました。
f:id:tuyoki:20200731205135j:image

私、前回のブログでもお伝えしたように、便秘らしい便秘もないと思っていて、座ればスルリンチョと出るので、下剤とか、飲んだことなかったんです。
なので、『下剤・・・下剤・・・どうなるんだ・・・ウウウ』と思っていたのですが、なんてことはない『おっなんかお腹ゴロゴロしてるな、お腹痛いな、この痛みはお通じだなっ』って感じの痛さでした。
ちなみに、このときはお通じは2回、いずれも、タイプ6(クリックするとおベンの状態のイラストが出てくるので、注意してね)でした。

検査当日(病院へ)

いよいよ検査当日。指定の時間(私の場合は8:50に病院受付)に向けて徒歩で出発。
洋服をどうするか迷いましたが、この日はスカートで向かいました。
でも、病院でジャージに履き替えればよかっただけなので、みなさんはジャージを着て行くか、持って行くか、とにかく脱ぎやすいものの方がオススメかな。

今回私が受ける大腸内視鏡検査では、検査中に鎮静剤を打つので、車での来院は控えて、という事前説明がありました。

病院到着後、さっそく今回お世話になるお部屋へ。

f:id:tuyoki:20200728180952j:plain
f:id:tuyoki:20200728180957j:plain

お部屋は個室で、なんだか快適そう!!(ちょっとした旅行気分になれてハッピー)
看護婦さんから、今日1日の流れの説明を受けます。

〈本日の予定〉
8:50 病院到着
9:00~11:15 下剤200mlずつ服用(合計2L)
13:40 大腸内視鏡検査開始
14:10ころ 検査終了~ベッドで仮眠
15:10ころ 帰宅

そして、私の任務はこちらです↓

〈私の任務〉
①下剤2リットルを飲むこと
②検査ができる状態かどうか、下剤を飲み終わるころに確認に来るので、おトイレをしたあとは流さずにナースコールをすること(おベン様の見本の写真が置いてありました)。
③時間になったら検査着に着替えて待っていること(お尻穴あきパンツ!!)

さっそく、下剤の服用が始まります。

f:id:tuyoki:20200730225541j:image
看護婦さんから「はい、じゃあ駆け付け1杯行ってみよ~~」みたいな感じでさっそく下剤を飲むよう指示されました。

▼こちらが下剤

f:id:tuyoki:20200728181003j:plain
f:id:tuyoki:20200728181007j:plain

最初の1杯目の感想は・・・『ポカリスウェットとかを、うすーーーーーーーーくした味』でした。
鼻を近づけると、かすかにレモンのような、うすーーーい柑橘系の香りが鼻を通るので、『これならなんとかいけそうかも?』とこのときは思ったのですが・・・この後この下剤が私を悲劇に陥れようとは・・・!!
f:id:tuyoki:20200730225605j:image

下剤は、9:00に200ml、9:15になったら200ml、9:30になったら200mlと、15分ごとに200mlを飲まなければならないのですが、2杯目までは余裕でした。
f:id:tuyoki:20200730225627j:image
ところが3杯目くらいから徐々に体が受け付けなくなり始めました(早い!!)。
9:45の4杯目を飲んだところで、吐き気がしてきてしまい、ナースコール。
看護婦さんが忙しい中やってきてくださったのですが、「うーーん、まだこれじゃあね~検査ができないので・・・お水は飲めそうですか?お水飲みながらなんとか頑張って!!じゃ、10:15くらいになったらまた様子見に伺いますから、お水だけでもいいので、頑張って飲んでいきましょう♪」と励まされました。
だけど、舌と頭が『もうギブ!!ギブ!!無理!!飲めないよ!!』と騒ぎます(泣)

ついには、横になるとピューーーっと、水も下剤も出てしまいそうなほどになり、ベッドで仰向けに・・・。
f:id:tuyoki:20200730225658j:image
10:15ころ、約束通り看護婦さんが来てくださり、お水のお代わりをして、「もう少し!もう少し頑張りましょ!」と励ましてくださいました。
だけどもう体が下剤を受け付けない。

その後、1時間ほど横になり続け、段々とお通じが『検査できますよー』の状態に近づいてくると、自分の中で『なんとか頑張ろう』『ここまで頑張ったんだから』という気持ちが沸いて来ました!!
頑張ってチビチビ飲み始める・・・も、やはり舌と喉の奥に感じる嫌~~~な苦み!!
f:id:tuyoki:20200730225833j:image

それでも、下剤を飲むとおトイレへ、また席に戻って少し飲んで・・・という感じで四苦八苦していたところ、またまたお忙しい中看護婦さんが様子を見に来てくださりました。
f:id:tuyoki:20200731205425j:image
下剤はあんまり減ってません。
本当に、お水以外は飲みたくない。
そこで、看護婦さんが下剤にさらにお水を追加して、薄めて持って来てくださいました!!
この追加のお水のおかげで、だいぶ!! かなり!! 下剤が飲みやすくなり、コクコク飲めるようになりました(もっと早く頼めばよかった)。

あのまま下剤を飲めずに、腸内も検査ができる状態にならないと、浣腸をすることになってたみたいですが、気持ち的には『あんな下剤飲むくらいなら、いっそ浣腸で一思いにしてくれ!!』という気持ちでした。
f:id:tuyoki:20200731205521j:image

検査前の12:25ころ、ついに私のおベン様が検査OKっぽい感じになりました!!
そこでナースコール!!
そして、看護婦さんに確認していただいたところ「あ、これなら大丈夫!検査できますよ~」とのこと!!
(ちなみにこのときまでに10回ほど排出しております・・・)
f:id:tuyoki:20200730225921j:image

「待ってよtuyokiさん、あなた、自分のおベンを看護婦さんに見せたの・・・!?」と驚かれた方もいらっしゃると思いますが、検査を受けられる状態になるころには、お尻からお水しか出ませんから、お水見せてるだけですから、なんも恥ずかしくないです!!!!

その後、指定の時間ころにいそいそとお尻に穴が開いた検査用紙パンツにお着換え!!

▼こんなふうにお尻側に穴が!!
f:id:tuyoki:20200728181020j:plain

ちなみに、着用図はこんな感じです。
普通にしてる分にはお尻丸出しにはなりませんからご安心ください(笑)
f:id:tuyoki:20200731205542j:image

 

いよいよ検査へ・・・!!

そしていよいよ私の大腸内視鏡検査・・・!!

検査室に入ると、初めて見る先生。
f:id:tuyoki:20200731115407j:image

軽い問診ををサッとしたあと、診察台に寝転がり、この間の診察のときのように、横向きに寝て、膝を少し手前に引いて私もスタンバイ。

f:id:tuyoki:20200731115436j:image

先生「じゃあね~今日はね、大腸の中を見ていきます。大腸ってね、体の中をこう、ぐるぐるしながら入ってるの。だからね、今日はそれに逆らうようにして診て行きます。途中でね、曲がり角とか見るときにね、少し腸が引っ張られたりして痛いかもしれないけど、今から緊張しなくなるお薬打っていきますからね。」

・・・というような話をしていたら、横になってるのにめまいがするような、酔ったような感じになり『あ、薬か、効くの早いなー』と思ったところで私の記憶は途切れました!!

そして気が付いたときには検査終了。
もうね、検査器具がいつ入ったのも分からない、腸がひっぱられて痛いとかも全くない、検査器具をいつ抜かれたのかも分からない、そんな状態でした。
f:id:tuyoki:20200731115503j:image

検査後

ふと目が覚めると先生が私を見ながら、「はい、今ねー腸の中、ぜーんぶ見ました。ポリープとかもないね。血が出てるような箇所がないです。」
私「え、ポリープとかないんですか?」
先生「ないない。なんにもない。今後も気になるようなら、2年後とかに検査してもいいんじゃないかなー。とにかく今は何にもないです。」
こんな感じでお話をさせていただいた気がしたのですが、なにせ私、鎮静剤打たれてますので、ぼんやりしか覚えていませんでした・・・。

しかも、ポリープも何もないと聞いて、嬉しくて泣きました(笑)
だってねー、スマホで色々調べたら、私の症状って、もう痔か、そうでなければ大腸がんしか出て来ないんですよ・・・。

f:id:tuyoki:20200731205940j:image

その後、看護婦さんに抱えられながら、自室に戻って小1時間ほど仮眠。
看護婦さんが起こしに来てくださるまで爆睡でした(しかも1回「もう少し寝たい」と言って看護婦さんを追い返したような・・・( ̄▽ ̄;))。

その後、歩いて帰れる程度にまで回復したな~というところで、看護婦さんに「さっきはちょっとうとうとしてぼんやりしてたんですけど、結果ってもう1回先生に聞けたりしますか?」と聞いてみたら「あ、まだ先生いらっしゃるので大丈夫ですよー。着替えたら受付でおっしゃってくださいね」とのことでしたので、遠慮なく、改めて何故出血していたのかを聞いてみました。

出血していたと考えられる原因

改めて先生に今日の検査の結果を聞いてみたところ、私の腸内の写真を見せながら、先生からの驚くべき回答が。

先生「今日はね、盲腸(腸の始まり)からずーーーっとね、血が出てる原因がどこだろうってことで探しました。でもね、すごくキレイな状態の腸で、ポリープも見つからないし、血が出てるところも見つかりませんでした。だからまああと考えられるとしたら・・・お尻って、強めに拭いてる?
私「おし・・・りですか・・・」
先生「そう。お尻。どれくらいの強さで拭いてる?

f:id:tuyoki:20200731211753j:image
私「えーーーー・・・っとそうですね・・・比べたことがないんで分からないんですけど・・・え・・・うーん???強め・・・なのかな?」
先生「排便してるときってね、実は、肛門の内側が少し出てくるものなのね、粘膜の部分がね。で、もしかしたら、その粘膜を強く拭きすぎちゃって、切れて出血したのかなとしか考えられないくらい出血の原因がないんだよね。まあつまり・・・裂肛っていって、切れ痔のことね。」

f:id:tuyoki:20200731115721j:image
私「切れ痔・・・内側が・・・切れ痔・・・」

先生「そうそう。お尻拭くときってね、ウオシュレットとかしたあとみたいに、お水拭き取るくらいの感じでいいのよ。あと、ちょっときゅっと力入れると、肛門が閉まって内側の粘膜もしゅって中に引っ込むから。その状態で、ちょんちょん、くらいでいいのよ」
私「えーーーーっと・・・そうすると・・・強い・・・というか・・・粘膜を傷つけてる気がします・・・」
先生「うん、じゃあたぶんそれが原因なんじゃないかなーってくらいね、問題ないです。まあ、それでも気になるようなら、2年後とかに検査受けてもいいかもしれないね。まだ若いから。あと、人間なので、見落としがある可能性だってあるわけだからね、心配なら他に診てもらってもいいと思うけど、でも今のところは出血の原因はポリープとかではないからね」
とのことでした・・・。

というわけで、ワタクシ・・・齢37にして、病院で、お尻の拭き方を教わって帰ってきましたとさ・・・。

まとめ

こんなわけで・・・私、結論から言うと、腸は超健康そのものでした。
ただ、出血したであろう原因をみなさんにお伝えするのが非常に恥ずかしいところではありますが、正直にお伝えすべきだと思いまして、ありのまま全てをお見せしたつもりです・・・。

幸いにして私はお尻の拭きすぎだということでしたが、それでも、もしもお通じ中に出血されている方がいたら『あ、自分もtuyokiみたいにお尻拭くのが下手かも!!』とか『いやいや、自分は痔だよ、痔、うん』と自己判断せずに、是非病院に行っていただきたいと思います。

今回調べて分かったのですが、大腸がんって、日本人男性の11人に1人、女性は13人に1人がかかるそうです。
さらに、がんによる死亡原因としては、大腸がんは男性は3位、女性は1位だそうです。
場所が場所だけに、恥ずかしくって検査になかなか行けない・・・ということかと思いますが、恥ずかしいとか言ってる場合じゃないです(参考:日本医師会『知っておきたいがん検診』)。

私は『子宮がん検診で前も見せてるし!!脱毛でVラインも見せてるし!!お尻だって一緒だぁぁぁぁぁぁ』という開き直りの精神で行きました。

f:id:tuyoki:20200731205815j:image
個人的には早めに行っておいて本当によかった。
本当に、血が出てから検査して結果が出るまで、毎晩(と言っても2晩ほどですが)スマホで調べては悪い病名を見ては泣きそうになったり、落ち込んだりの日々でした。
なので、もし悩んでる方がいたら、恥ずかしがらず、早めに検査を受けに行って欲しいなって思います。

37歳になってまで、お医者様からお尻の正しい拭き方を指導されてるようなワタクシtuyokiですが、みなさまこれからもどーぞよろしく・・・ぐすん(笑)

f:id:tuyoki:20200731205919j:image

伝えたいこと

恥ずかしがらずに検査行こう!!