思い立ったら吉日Blog

東京在住の36歳独身女性が主に東京を中心にお出かけや美味しかったもの、オススメについてつらつら書いています。

エスカーに乗って、江の島サムエル・コッキング苑を堪能する方法(*'ω'*)

tuyoki(@tuyoki_omokichi)です

今回は、エスカーに乗って江の島にある「サムエル・コッキング苑」を堪能する方法をご紹介しちゃいたいと思います(*'ω'*)

結論から言うと、江の島サムエル・コッキング苑は足腰に自信がないと堪能するのが難しそうです(´;ω;`)

f:id:tuyoki:20190906230703j:image

JR藤沢駅から江ノ電藤沢駅に乗り換え

この日はJR藤沢駅から江ノ電で江の島まで行くことにしました(*´ω`*)

藤沢駅にある江ノ電乗り場がめちゃめちゃキレイ

f:id:tuyoki:20190901234139j:image

オニオン(id:onion1124)さんのブログにも登場していたこのお花の時計。

「いいなぁ、キレイだなぁ、行きたいなぁ」と思っていたら、まさかこんなにも早く自分が行くことになるとは思っていませんでした( ̄▽ ̄;)

江ノ電「江の島」駅に到着

江ノ電「江の島駅」到着
f:id:tuyoki:20190906230723j:image

藤沢駅から11分、無事に「江の島駅」に到着しました(*'ω'*)

江の島のコインロッカー

▼江の島駅にあるコインロッカー
f:id:tuyoki:20190901233824j:image

荷物が多い方は、こちらのコインロッカーがオススメです(*'ω'*)

私もここに預けたかったのですが、「えーのーしーまー(*´▽`*)!!」となってしまい、コインロッカーに荷物を預けることを忘れてさっさと江の島に向かってしまいました(´;ω;`)

なので、このコインロッカーを見つけたのは帰りです・・・(´;ω;`)

 

▼コインロッカーの利用時間と料金
f:id:tuyoki:20190901233842j:image

江ノ電「江の島駅」にあるコインロッカーの使用時間は6:30~23:30まで。

コインロッカーの料金は、サイズによって¥400、¥500、¥700と3種類ありました(*'ω'*)

もっと奥に行けば違う料金もあったのかもしれないのですが、帰りに撮ってきただけなので、これ以上の詳細が分からなくてすみません・・・(´;ω;`)

 

小田急片瀬江ノ島駅」の駅構内案内図
f:id:tuyoki:20190901233952j:image

江ノ電江の島駅にあるコインロッカーに気が付かず、重たい荷物を持って炎天下の下ヘイコラ歩いていた私でしたが、「いやもうやっぱり荷物預けようか」ということで、ランチのお店「江の島小屋」さんの近くにあった小田急線「片瀬江ノ島駅」に向かいました。

駅に着くとすぐ改札が見えて、どう見てもコインロッカーがある雰囲気がない。

そこで駅構内案内図を見てみると、なんとコインロッカーは改札を入ったところにあることが判明!!

諦めて江の島に向かいます。

(この情報は2019年9月1日時点の情報です。)

 

▼江の島で見つけたコインロッカー
f:id:tuyoki:20190901233640j:image

江の島に入ってすぐ右手にある「江の島天然温泉」の壁に「コインロッカー」という字を見つけてやってきました。

 

▼コインロッカー入口
f:id:tuyoki:20190901233707j:image

こちらが「江の島天然温泉」1階にあったコインロッカーです。

天然温泉に入る必要はなく、建物1階の通り抜けゾーンらしき場所にありますので、安心してください(*'ω'*)

 

▼コインロッカーは2種類
f:id:tuyoki:20190901233816j:image

こちらは¥300のコインロッカーと¥500のコインロッカーがありました。

残念なことに、両替機がなかったので、小銭がない方は表にあるお店とかで両替を頼むしかなさそうでした。

(ただし、実際に両替をお願いできるかどうかはお店の方にご確認ください。)

 

▼¥500ロッカー
f:id:tuyoki:20190901234013j:image

¥500ロッカーもありましたよ~(。・ω・。)

ゴーゴーレッツゴー江の島

▼いざ江の島へ
f:id:tuyoki:20190901233800j:image

さて話を少し戻しまして、江の島に向かう橋です。

大きな龍が目印(*´▽`*)

 

▼名勝史蹟江ノ島の石碑
f:id:tuyoki:20190902211409j:image

 

▼浜で遊ぶ人多数
f:id:tuyoki:20190901233744j:image

 

水上オートバイが江の島っぽいです(。・ω・。)

 

▼う、馬だと・・・!?
f:id:tuyoki:20190902211731j:image

「こんなところに馬がいる~」と思ってみていたら、水着姿の若いお姉さん2人が1,000円札を振りながら「乗せて~」と言ってやってきました(;・∀・)

マブダチ!?(;´∀`)

馬も猛暑日の中ご苦労様です(;'∀')

 

▼いよいよ江の島に到着です
f:id:tuyoki:20190902183027j:image

私が上でご紹介した「江の島天然温泉」のコインロッカーは、このお写真向かって右の建物です(*'ω'*)

 

▼読めない・・・
f:id:tuyoki:20190901233620j:image

 

▼江の島の奥へと続く道

f:id:tuyoki:20190902211757j:image

江の島の奥へと続く道はご覧の通り、左右にお土産屋さんや飲食店などのお店がたっくさん並んでいます。

ちなみにこちらの道、坂道になってまして、車イスを押してる方もいらっしゃったんですが、キツイんじゃないかと思いました。

 

▼郵便局もあります
f:id:tuyoki:20190902212008j:image

途中で郵便局も発見しました(*'ω'*)

「あ~お土産買いすぎちゃった~」となってもコレで大丈夫!?

 

江島神社
f:id:tuyoki:20190902182410j:image

江島神社です。赤い鳥居がとってもきれいでした。

この先は階段が続いているように見えました。

暑いので今回はパース・・・

ちなみに、江島神社は、奥津宮、中津宮辺津宮とあって、それぞれ多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)、田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が三大女神が御祭神だそうです(。・ω・。)

ご祭神|江島神社について | 【公式】日本三大弁財天・江島神社

 

エスカーに乗ります

エスカー乗り場
f:id:tuyoki:20190902183004j:image

先ほどの「江島神社」に入らずに左にやってくると、こちらの江の島「サムエル・コッキング苑」へと続くエノカー乗り場です。

このエスカー、上り専用のエスカレーターです。下りは階段です。

ちょっと急だな、と感じる階段もあり、足腰が不安な方ならやめておいた方がいいんじゃないかな、と正直思いました

車イスで来るにもここが限界なんじゃないかと思います(;゚Д゚)

 

エスカー以外は階段でのアクセス
f:id:tuyoki:20190902182823j:image

エスカーに乗らずに階段で頑張ることもできます。

一気に階段があるわけではなく、途中途中で神社があったりするのですが、それでも登りは大変そう(;'∀')

ちなみに、この階段(12段)を上がって右手にお手洗いがあります。

 

エスカー付近のお手洗い
f:id:tuyoki:20190901234043j:image

これが、エスカー乗り場の上にあるお手洗いです(*'▽'*)

 

エスカー乗り場
f:id:tuyoki:20190901233853j:image

エスカー乗り場でチケットを買います。

この日は岩屋がお休みということで、1Dayパスポートの販売はしていませんでした。

私は「シーキャンドルセット券」¥750を購入(*'▽'*)

エスカーだけだと360円です。

ちなみに、後で行く江の島シーキャンドル(展望灯台)は大人が1人300円、江の島サムエル・コッキング苑が大人1人200円です。

なので、エスカー360円、シーキャンドル300円、サムエル・コッキング苑が200円、合計860円なので、エスカーに乗って江の島サムエル・コッキングとシーキャンドルを利用するなら、シーキャンドルセットを買うと110円お得です(。・ω・。)

 

エスカーチケット
f:id:tuyoki:20190901234009j:image

さてさて、シーキャンドルセットがこちらです(。・ω・。)

このチケットは無くさないように気をつけてくださいませヽ(´▽`)/

 

▼けっこう長いエスカー
f:id:tuyoki:20190901234115j:image

エスカーは合計3回乗りますので、チケットは捨てないように!!

 

▼とりあえず到着~
f:id:tuyoki:20190901233727j:image

長いエスカー1を終えて到着。正面に神社が見えます。

 

▼弁財天もいるよ
f:id:tuyoki:20190901234103j:image

銭洗い弁財天ですね。

写真には写ってないのですが、カゴが置いてありまして、みなさん熱心にお金を洗っていました(*'ω'*)

暑くなかったら私もお金洗いたかったです~(´;ω;`)

 

辺津宮(へつのみや)

f:id:tuyoki:20190906230845j:image

田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)が御祭神です(。・ω・。)

・・・ゴメンね、誰(;´д`)

 

▼茅の輪くぐり
f:id:tuyoki:20190901233718j:image

茅の輪くぐりがありました。

みなさんこのイラストを見ながらぐるぐる回っていました。

シュール( ;∀;)

 

▼江島弁財天
f:id:tuyoki:20190901234057j:image

お金お金〜( ⓛ ω ⓛ *)

 

▼むずびの樹
f:id:tuyoki:20190901234035j:image

ピンクの絵馬がまぶしい・・・!!(;゚Д゚)

早く立ち去らなければ!!

 

辺津宮(へつのみや)

f:id:tuyoki:20190904211143j:image

エスカーに乗るために上ってきたはずが、ここで1回下り階段をはさみます(; ・`д・´)

ここはこれからエスカーで上に行く方にとっては出口、江の島サムエル・コッキング苑からの帰りだと入口に当たる場所でした(。・ω・。)

 

エスカー2乗り場
f:id:tuyoki:20190901233756j:image

またまたエスカー乗り場が見えてきました!(*'▽'*)

レッツゴー!

 

エスカー乗り場2から再度エスカーに乗ります
f:id:tuyoki:20190901233937j:image

またまた長いエスカレーターです。

これを登るとなると、暑いときはキツイかも・・・( ̄▽ ̄;)

 

中津宮(なかつみや)
f:id:tuyoki:20190907020244j:image

エスカーを降りると中津宮という神社がありました!

ここは市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)が御祭神。

・・・ゴメン、誰(;´д`)

 

▼ここで写真撮影可能

f:id:tuyoki:20190904211703j:image

ちょっと見晴らしのいいところに出ることができました(*'ω'*)

みなさん一生懸命写真撮影(*´▽`*)

ここには写真撮影台があるので、スマホを置いて2ショット撮影も可能です!

 

エスカー3乗り場
f:id:tuyoki:20190901233807j:image

ここが最後のエスカー3乗り場です。チケット持ってますか~?

 

エスカー3のエスカレーター
f:id:tuyoki:20190901233919j:image

ここでも長いエスカレーターに乗ります。このエスカーを降りたら、目的地はすぐそこです(*'ω'*)

 

▼「江の島ゆうひ茶屋」と「あさひ本店頂上店丸焼きたこせんべい」

f:id:tuyoki:20190904211749j:image

エスカー3を降りて右に進むと、目的地の江ノ島サムエルコッキング苑が目の前にあるのですが、暑くて疲れたので、サムエルコッキング苑を正面から見て左手にある「ゆうひ茶屋」さんでソフトクリーム食べちゃいたいと思います!(*'▽'*)

ちなみに!こちらのタコせんべい、おそろしく大きかったです!( ̄▽ ̄;)

わたしはソフトクリームにしか目がいきませんでしたぁ〜(^_^;)

 

▼ゆうひ茶屋メニュー
f:id:tuyoki:20190901234135j:image

メニューはこんな感じ!

パラソル付きのテーブルがいくつかあるので、そこでみなさん一息いれてましたねー(^_^;)

 

▼生乳ソフトクリームとアンデスメロンソフトクリームのミックスソフト¥300
f:id:tuyoki:20190901233644j:image

生乳ソフトクリームは舌触りが柔らかいソフトクリーム。バニラの甘さが暑さでだらけた身体に染み渡りました(*'ω'*)

アンデスメロンソフトクリームは、少しジェラートっぽい舌ざわり。味は、アンデスメロンそのもの!!というくらいに濃厚なメロン味でした。

ソフトクリームは、コーンの下の方まで入っていて、最後まで美味しくいただきました(*´꒳`*)

 

▼見晴台を発見
f:id:tuyoki:20190901234000j:image

ソフトクリームを食べていたら、見晴台のようなものを発見しました( ⓛ ω ⓛ *)

 

▼見晴台からの景色
f:id:tuyoki:20190901234048j:image

海沿いなので風が気持ちいいです(*'ω'*)

なかなか開けた景色でした(*´∇`*)

しかし、日差しを遮るものがないのでなかなかの直射日光・・・

人間チャーシューができあがっちゃうぜい(;゚Д゚)

 

▼思わず歌いたくなる景色
f:id:tuyoki:20190901233540j:image

う〜み〜は、広い〜な、おおき〜い〜なぁ〜(*'▽'*)

 

江の島サムエル・コッキング苑

f:id:tuyoki:20190904211949j:image

さてついに今回の目的地「江の島サムエル・コッキング苑」にやって参りました

エスカーで買ったチケットはここでも使いますので捨てずにちゃんと持っていましょう。

ちなみに、中に入ってもまだ使いますので、その辺にポイしないように(`・ω・´)

江の島サムエル・コッキング苑

営業時間:9:00~20:00 (最終入場 19:30)

〈料金〉

江の島シーキャンドル(展望灯台):大人1名300円、小児1名150円

江の島サムエル・コッキング苑:大人1名200円、小児1名100円

江の島サムエル・コッキング苑と江の島シーキャンドルの公式サイト

 

江の島サムエル・コッキング苑入場前にあるお手洗い
f:id:tuyoki:20190901233903j:image

江の島サムエル・コッキング苑に入ってすぐのところにもお手洗いがあります(*´꒳`*)が、入る前にもお手洗いがあります(*´꒳`*)

 

江の島サムエル・コッキング苑
f:id:tuyoki:20190901233554j:image

江の島サムエル・コッキング苑に入るとすぐにたくさんの花壇がありまして、お花が咲いていてキレイでした(*´∇`*)

 

▼このお花の名前をだれか教えてください( ;∀;)
f:id:tuyoki:20190901233829j:image

朝顔みたいなこのお花、可愛かったです(*´꒳`*)

 

▼展望灯台シーキャンドルに向かいます
f:id:tuyoki:20190901234151j:image

どうやらサムエルコッキング苑では展望灯台のことをシーキャンドルと呼んでいるらしいっす♪( ´▽`)

ちなみに灯台は英語で「Lighthouse」と言うらしいです(。・ω・。)

 

▼展望灯台下にあるカフェGABO
f:id:tuyoki:20190901233607j:image

展望灯台の下にカフェがありました!

ちなみにこのカフェのすぐ近く、写真でいうと右手奥にお手洗いがあるのですが、薄暗いし、古いのか少し汚かったです・・・

自然がいっぱいなので当たり前なのですが、個室にコオロギなのかスズムシなのかゴキなのか分かりませんが、とにかく虫がいまして、他の人に先にお手洗い譲りました(; ̄ェ ̄)

 

▼セルフ式のカフェだそうです
f:id:tuyoki:20190901233944j:image

このカフェGABOさん、中が少し広そうでした(*'▽'*)

外から見ていると親子連れが多かったように思います(*'▽'*)

 

▼GABOメニュー
f:id:tuyoki:20190901233734j:image

いちおうメニューもご参考までに(*'▽'*)

 

▼展望灯台
f:id:tuyoki:20190901233753j:image

さてさて展望灯台に登ってみたいと思います!

なんだか行列になっているので、登るまでにどれくらい時間がかかるのかなぁとやや心配になりました・・・(;´д`)

 

▼エレベーターで一気に登ります

f:id:tuyoki:20190904212228j:image

行列が心配でしたが、大きいエレベーターで運送していたので、あんまり並ばずに登ることができます!

行列でも諦めないで〜♪( ´▽`)

 

▼展望灯台からの景色
f:id:tuyoki:20190901233845j:image

いい景色です!!天気もいいし最高(*゚▽゚*)!!

▼あれはどこかな
f:id:tuyoki:20190901233812j:image

天気がいいと富士山も見られるらしいのですが、この日は残念ながら見えませんでした。

天気の良さだけじゃなく、現地の気候とかたくさん条件が合えば見えるんでしょうね~(。・ω・。)

 

▼屋外展望フロアーへは階段で行きます
f:id:tuyoki:20190901233848j:image

屋外展望フロアもあるようなので行ってみま~す(。・ω・。)

 

▼階段で行きます
f:id:tuyoki:20190901233750j:image

登るときは前に人がいて写真撮影ができませんでした・・・なのでこの写真は下りの写真です(;´д`)

ここも螺旋階段なので、足が弱いと少し不安かもしれないですね(´;ω;`)

 

▼屋外展望フロアーからの景色
f:id:tuyoki:20190901234127j:image

窓が無いので、海風をダイレクトに感じます(*´꒳`*)

気持ちいいです(*´∇`*)

トンビが6羽くらい飛んでいました(`・ω・´)

あいつらは、人間の食べてるご馳走を狙っています!!

 

▼お帰りは下り階段利用もOK
f:id:tuyoki:20190901233933j:image

帰りは階段で帰られるというので、階段で帰ってみま~す(。・ω・。)

 

▼下り階段マジ怖い
f:id:tuyoki:20190901233802j:image

意気揚々と階段を下り始めたんですけど、あるのは手すりだけなので、この下り階段が本当に怖かったです(´;ω;`)

リアルに「落ちたら死ぬな」って感じてしまって、今まで「バンジージャンプとかちょーやりたーい」とか言ってましたが、失禁パンツを買っても無理かもしれないって怖気づきました(´;ω;`)笑

 

▼景色は凄くいいけれど
f:id:tuyoki:20190901233656j:image

海風にあたりながら階段をくだるとものすごく怖いです( ;∀;)

動画に撮れば良かったんですが、スカート抑えるのに必死で撮れませんでしたぁ~(*´▽`*)いや~残念残念(*'ω'*)

・・・え、怖くてそれどころじゃなかったわけじゃないですよ、えぇ。

 

▼日本で初めてのフレンチトースト専門店LON CAFE
f:id:tuyoki:20190901233615j:image

入ったときは「ただのカフェか」と思っていましたが、なんとこちら、日本で初めてのフレンチトースト専門店だそうです。

お腹空いてなかったので見ただけでスルー(;´д`)

私としたことが・・・!!

 

▼入口
f:id:tuyoki:20190901233723j:image

なんか入るのが楽しそうな入口です(。・ω・。)

あ~入りたかったよー。

 

▼テラス席は気持ちよさそう
f:id:tuyoki:20190904212335j:image

 

▼テラス席の目の前はいい景色

f:id:tuyoki:20190904212507j:image

こんな景色の中でフレンチトースト食べたら美味しそうだなぁ~(*゚▽゚*)

 

 

楽しい時間はあっという間

▼帰りは階段をひたすら下ります
f:id:tuyoki:20190904212712j:image

江の島サムエル・コッキング苑から帰るときは、このようにひたすら下り階段で戻ります(;´Д`)

左右に手すりはありますが、足腰が弱いと少し不安かもしれないです(;´д`)

 

▼階段は続きます
f:id:tuyoki:20190901233738j:image

 

▼写真でみると急に見えますね
f:id:tuyoki:20190901233603j:image

 

▼けっこう階段続いてますよね(;´д`)
f:id:tuyoki:20190901233701j:image

こんな感じでひたすら階段を下ります。

途中、登りのエスカーで立ち寄った神社などに立ち寄りつつの戻り道になるので、小休憩しながらになりますよ~(。・ω・。)

 

イカの丸焼き¥800
f:id:tuyoki:20190901233712j:image

いよいよ江の島駅からバイバイする時間です( ;∀;)

江の島の出入り口となる「江の島貝作」さんで、イカの丸焼き¥800を注文して食べちゃいました(*´꒳`*)

店頭に少し焼いたイカが並べてあって、オーダーをすると、改めて炙って温かい状態で提供してくれました(*´∇`*)

お店のおじちゃんはみんな無愛想っぽいのですが、嫌な感じはなくて、「寡黙なんだけど良い人そう」っていう雰囲気(*'ω'*)

「あの人、口数は少ないけど、あぁ見えてすっごく優しいのよぉ(*'ω'*)」って言われてそうなタイプといえば伝わりますでしょうか(;・∀・)

入ったことはないのですが、中で食事もできるみたいですね(。・ω・。)

江の島磯料理 貝作

住所:神奈川県藤沢市江の島1‐3-20

アクセス:片瀬江の島駅徒歩6分/江の島大橋を渡って正面

電話番号:0466-22-3759

営業時間:月~金、祝前日: 10:30~19:00 土、日、祝日: 09:30~19:00【冬季】10:30~19:00 【夏季】10:30~20:00(来客状況によって変動いたします)

定休日:不定

江の島 貝作【公式】

まとめ

江の島サムエル・コッキング苑を堪能する方法でした~(*゚▽゚*)

この日は暑かったんですけど、展望灯台からの景色はすごく素敵でしたね~ヽ(´▽`)/

富士山が見られなかったことが唯一の残念ポイントでした。。。

富士山好きなんですよね~(;´д`)

ちょっと落ち着いたデートにも、江の島オススメですヽ(´▽`)/

個人的には水族館も行きたかったので、いつか行ってみようと思います~(。・ω・。)

ではまた~(・∀・)