思い立ったら吉日Blog

東京在住の36歳独身女性が主に東京を中心にお出かけや美味しかったもの、オススメについてつらつら書いています。

私は東京の秋葉原で買いました!スロークッカーの魅力についてご紹介します!

どうもtuyokiです(*'▽') 

今日は、材料を切って入れるだけ!

朝や昼に仕込んで夜に美味しい料理が簡単に食べられるスロークッカーの魅力についてご紹介します!

 

 

1.スロークッカーとは

スロークッカーという名前を始めて聞いた方もいらっしゃるかもしれません。

私も今年始めて知ったのですが、スロークッカーとは、電気で加熱して、低温でじっくり煮込んで料理を作ることができる料理家電のことです。

火を使うこともないので、その場を離れても大丈夫。

また、切った食材をスロークッカーの鍋に入れて、ふたをして、電源を押すだけで簡単に煮込み料理ができてしまうとっても優れものです。

難点としては、調理に時間がかかってしまうこと。なので、「材料買って来た~!さあ!焼こう!食べよう!」ということはできません・・・。

 

2.どんな料理ができるの?

さてスロークッカーでどんな料理ができるのかです。

ここでは恥ずかしながら、私の知り合いが実際にスロークッカーで作った料理を公開します。

 f:id:tuyoki:20181213124325j:plain

まずはこちら、バックリブです。

バックリブを購入するまでの道のりが長かったのですが、なんとか手に入れることができました(麻布十番や広尾のスーパーを始め、近所のスーパーなどでは購入できませんでした。)。

まずはお肉を骨に沿って切り、にんにく、たまねぎと、水80ccと共に鍋に入れます。

低温設定で約7時間経過したところで、耐熱皿にお肉を取り上げます。

カルディで購入したBBQソースを取りだしたお肉に塗って、180度に余熱したオーブンで焼いていきます。前回はお水を入れ過ぎて失敗してしまったようですが、今回はお肉が少なめだったのが正解だったのか、柔らかすぎず固すぎないバックリブが完成しました!

グラム数を計っていないのですが、「こんなに食べられるかなぁ」と不安だった量もペロリと完食することができました。

バックリブを手に入れるまでに、豚の角煮も作りました。本当にお肉がホロホロになって美味しかったです。

 

3.どこで買えるの?

さてこんなに美味しいお肉料理が作れるようになるスロークッカーですが、手に入れるまでも大変でした!!

手に入れるまでに足を運んだり、電話で問い合わせをしたのは次の会社でした。

・渋谷ビックカメラ

・渋谷ヤマダ電気(あったけど予算オーバー)

・渋谷メガドンキ

・渋谷ロフト

・渋谷東急ハンズ

豊洲ビバホーム

渋谷ヤマダ電気さんでは、他のお高めのスロークッカーの取扱いがありました。値段交渉したのですが、元々高いことと、価○.comでも安くなっていないとのことで購入には至りませんでした。だけど接客がとても丁寧で、何か欲しいものがあったら是非行ってみようと思えるお店でした。

そして私たちが最終的に見つけたのは、

秋葉原あきばお~2号店さんでした。

HPを見て電話を鳴らしても出てもらえず、「ええい!行くだけ行ってみよう!やれることは全部やってから諦めよう!」の精神で秋葉原へ向かいました。

そして実際お店に到着。レジに並んだ行列を見て、「これは電話対応なんて無理だったな」と納得。

そして、溢れかえる商品の中から、店員さんに「こちらですね」と案内していただき、見事スロークッカーをゲットしました。

みなさんにはこんな苦労して欲しくないので、是非ネットから購入されることをオススメします・・・。

いろんな種類があると思いますが、まずは安いスロークッカーを買ってみて試してみるのでもアリだと思います。

実際わたしたちは2,484円で買いましたが、今のところなんの不満もなく料理を楽しんでいます。

4.まとめ

以上、美味しい煮込み料理ができるスロークッカーの魅力についてご紹介しました。

夏場でもお肉って美味しいですし、寒い時期になって来たので、お肉の煮込み料理にこだわらずに、カレーとかシチューとかおでんとかにも挑戦してみたいです。

みなさんも是非使ってみてくださいね!